最終更新日:2012.02.06

[ デジカメ ] Comment(0) | TrackBack(0) |

タムロン、手ブレ補正搭載の大口径標準ズーム「SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD」を開発


このエントリーをはてなブックマークに追加

20120206_001.jpg


タムロンは35mm判フルサイズ対応の大口径標準ズームレンズ「SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD」を開発発表した。対応マウントはキヤノン用、ニコン用、ソニー用。発売日、価格ともに未定。2月9日から開催のフォトイベント「CP+2012」に参考出品する。

35mm判フルサイズ対応の大口径標準ズームレンズとしては、世界初の手ブレ補正機構を搭載。超音波モーター「USD」を採用し、フルタイムマニュアルフォーカスに対応。簡易防滴構造も採用している。

主なスペック 最短撮影距離0.38m。最大撮影倍率1:5。フィルター径φ82mm。質量825g。最小絞りF22。花形フード付属。

情報元:日経プレスリリース
関連記事:タムロン、手ブレ補正搭載の大口径標準ズーム「SP 24-70mm F/2.8 Di VC USD」を開発発表(デジカメ Watch)


関連キーワード
関連ニュース
コメント
お名前:


メールアドレス:


ホームページアドレス:


コメント: [必須入力]
※配慮に欠けるコメントは削除する場合があります。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
トラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/250817039

トラックバック

Facebook
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。