最終更新日:2012.02.04

[ CG・映像 ] Comment(0) | TrackBack(0) |

イーフロンティア、3DCGソフトの最新版「Shade 13」を発表


このエントリーをはてなブックマークに追加

20120204001.jpg


イーフロンティアは国産3DCGソフトの最新版「Shade 13」を3月30日に発売する。

従来通り「Basic」「Standard」「Professional」の3グレードを用意。「Shade 13 Basic Hybrid」が12,800円、「Shade 13 Standard Win/Mac」が42,000円、「Shade 13 Professional Win/Mac」が84,000円となる。

全グレード共通の新機能として、ポリゴンの角の丸めを容易にできる「エッジベベル」を搭載。イラディアンスキャッシュの品質改善を行い、レンダリングの品質と速度の向上を図っている。

また、「Standard」と「Professional」には、日時と場所を指定することで太陽の位置を自動計算し、日の当たり具合をシミュレーションできる「フィジカルスカイ」。パスや形状の表面に沿って形状を繰り返し配置できる「リプリケータ」などが搭載されている。

公式サイトにてより詳細な情報を2月10〜15日の間で公開予定。

情報元:MdN
関連サイト:Shade 13製品情報

関連商品





関連キーワード
関連ニュース
コメント
お名前:


メールアドレス:


ホームページアドレス:


コメント: [必須入力]
※配慮に欠けるコメントは削除する場合があります。

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

Facebook
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。